会社概要
 
 
「人と動物との絆」の大切さを理解し合い、ともに健康で心豊かな潤いのある社会の実現に貢献する」
 
平成 3年10月


創業者である野川 亮輔が世界最大手の損害保険会社在職中より、飼育するペットの治療費が、病気や手術によっては高額になるので、治療費を補う人間の健康保険のようなものがあれば、多くの飼い主に利用されると考え、研究を始める。
平成 4年10月 本格的な事業化を目指し、保険会社を退職して、ペット保険の創立準備をする。
平成 5年12月 日本ペットオーナーズクラブ創設。
マーケティング調査を開始。その間、日本を代表する獣医師と出会い、多くの指導を受けるとともに、数十名の獣医師の協力によりペット保険の開発に着手。
平成 7年10月 全国1,380万世帯で飼育されている1,750万頭の犬・猫を対象とした、日本初のペット健康保険 (商品名:ペット入院共済制度)の販売を開始。
平成10年12月 本格的にペット健康保険の販売を行うため株式会社日本ペットオーナーズクラブ設立。
平成15年7月 保険会社化を目指し準備会社を設立する。
平成18年 4月 関東財務局にペット共済事業者として特定保険業者の届出をする。
平成18年11月 関東財務局が準備会社に少額短期保険会社の登録(認可)を許可する。
その準備会社がペット&ファミリー少額短期保険(株)(P&F)として野川亮輔が
初代社長に就任する。
平成20年 6月 野川亮輔 P&F社退任、当社会長に就任
平成21年 2月 新事務所に移転(東京都新宿区)
平成22年 4月
事務センター開設(埼玉県戸田市)
野川亮輔代表取締役CEOに就任
平成26年 4月
四谷事務所を廃し新事務所開設(東京都千代田区)
「ペットあんしんケア制度」動物病院案内開始
平成27年 4月
「ペットあんしんケア制度」会員募集開始 
平成27年 7月
アスモ少額短期保険鰍フ入院保障付生命定期保険「ペットのお守りLight」販売開始